坐骨神経痛でお悩みの方へ

坐骨神経痛

腰痛と同じように立っている時、座っている時、起床する時、階段の上り下り、ただ歩いている時や安静時等、ケースは様々です。

症状としてはお尻から太ももの裏側足にかけての激しい痛み、お尻から脚にかけてのオモダルイ感じ、圧迫感から放散痛と症状も様々です。

※決して神経痛ではありません

原因

・同じ姿勢を長時間続けること

現代日本人はそもそも普段の生活で姿勢、癖、腰を曲げて行う作業、車の運転、デスクワーク等、腰を曲げたり座っている時間が長く、そのような作業は坐骨神経痛の原因になります。

こういった姿勢を長時間続けることで腰部の筋肉、殿筋(お尻の筋肉)ハムストリングス(太腿の裏の筋肉)にコリ(トリガーポイント)生じさせ、神経の中でも一番太い坐骨神経を圧迫し、激しい痛みや重だるい等様々な症状を引き起こします。

・運動不足

臀部や太もも裏が痛いからといって、ストレッチを避け、動かなくなることは逆効果です。

下半身を使わないことにより、筋肉が硬直し余計に悪化してしまいます。「痛くなったので安静にしなくてはいけない」と認識の方も多いかとは思いますが、無理しすぎない程度にストレッチやセルフマッサージをしていくのも大切です

・ストレス

坐骨神経痛をはじめ、筋痛症はストレスと関係ないと思われがちですが、精神的な負担が多いことで腰の筋肉へかかる負担も大きくなってきます。

坐骨神経痛の痛みに耐えようとすることでストレスが溜まり、痛みが慢性化してしまう可能性もあります。

当院では

戸塚カイロプラクティック整体院では、まずDRT(新背骨矯正法)により上位頸椎のズレを矯正して血液・リンパ・脳髄液の循環をスムーズにします。

次に頭蓋骨調整法により全身の筋膜へアプローチをし、施術に対する体の準備を万全にしていきます。

そして坐骨神経痛を引き起こす原因となっている腰方形筋・ハムストリングス(太ももの裏)・殿筋群・梨状筋などを中心にトリガーポイントセラピー(下図がトリガーポイントと疼痛パターンの一部です)

 

   

 

 

 

を施し、硬結をリリースしていきます。下図がその施術風景です。

 

※当院のトリガーポイントセラピー(大川メソッド)は、「全身の筋肉は繋がっている」という概念の元施されますので、「肩だけ」「腰だけ」ではなく全身のトリガーポイントにアプローチいたします

全身の筋肉にアプローチした後、CMT(関節矯正)を施し、関節の可動域を広げていきます。(希望されない方には致しません)下図がその施術風景です。

※首(頚椎部)の矯正はDRT&頭蓋骨調整で済まされておりますので、基本的にはやりません。ご希望の方は前もってお言いつけください。また矯正を希望されない方、65歳以上の方はモビリゼーションや操体法などで関節操作を行いますのでご安心ください。

最後に体操やストレッチ・姿勢等、指導させていただきます。

(基本的には初日~2回目)